伊吹島|瀬戸内海、ど真ん中。

伊吹島(いぶきじま)は、観音寺港沖約10km、燧灘のほぼ中央に浮かぶ周囲6.2km、面積1.05平方kmの香川県最西端の小さな島。讃岐うどんの出汁に欠かせない煮干しいりこ。そのいりこの中でも最高とされる「伊吹いりこ」は地域団体商標に登録された地域ブランドとなっています。毎年旧暦3月21日には「島四国(おしこくさん)」という島内八十八カ所めぐりがあり、大勢のお遍路さんが訪れ、島民による昔ながらのお接待が行われています。また、滝ノ宮神社と岩のくぼみに作られた波切不動尊の参道には桜が植えられており、4月第2日曜には桜まつりが行われています。海水の浸食によって削られた石門や洞窟があり、その昔武者が隠れ住んだとか、水軍が潜んだなどの伝説が残っています。

住所

〒768-0071 香川県観音寺市伊吹町

車(観音寺港まで)

・高松自動車道大野原ICから車で約15分(6km)
・高松自動車道さぬき豊中ICから車で約20分(8km)

鉄道(観音寺港まで)

JR観音寺駅からタクシーで約5分(2km)

のりあいバス(観音寺港まで)

のりあいバスは1日7便です。JR観音寺駅からのりあいバス内循環線に乗り、運転手に「観音寺港」と告げてください。のりあいバスにはバス停がなく、路線上ならどこでも乗り降り自由です。(ただし、国道11号線は指定場所以外、乗り降り禁止)

名所

  • 石門
  • 合戸の穴
  • 瀬戸内国際芸術祭

せきもん

海水の浸食によって作られた石門は、新さぬき百景にも登録されています。干潮時にはぽっかりと開いた穴を見ることができます。

ごとのあな

別名、「強盗の穴」とも呼ばれています。その昔、海賊が隠れ住んでいたという伝説が残っています。

会場歴:2013年、2016年、2019年、2022年
作品トイレの家イリコ庵
※自転車、車の乗り入れはご遠慮ください。
※急な坂道が多いので、歩きやすい靴でお越しください。

伊吹島までの行き方

  • 伊吹観音寺航路
  • 海上タクシー

観音寺港から伊吹島まで定期船がでています。
乗船時間
25分
乗船料金(片道)
・大人(中学生以上):600円
・小人(小学生のみ):300円
・小学生未満:無料
時刻表
・観音寺港発
6時10分、7時50分、11時20分、15時40分、17時50分
・伊吹真浦港発
7時00分、9時00分、13時30分、17時10分、18時30分
問い合わせ
観音寺伊吹丸事務所
0875-25-4558(観音寺)
0875-29-2113(伊吹)
※詳しくは「伊吹観音寺航路」のページをご確認ください。

要予約

海上タクシー 三好兼光
TEL:090-7607-2204
利用区間:伊吹島~観音寺港
利用料金:3,500円〜(片道)
定員:1名~5名
その他:仁尾・四国中央市から可

関連記事

  1. 粟井あじさい祭り

  2. 平塚古墳|香川県内最大の円墳

  3. 和田・田野々 雨乞い踊り|約400年前から続く伝統行事

  4. きんたろう|観音寺市の元気のシンボル

  5. 海上タクシー

  6. 一茶句牌|元日やさらに旅宿とおもほえず