三架橋|日本百名橋にも選ばれている、市内で一番美しい橋

三架橋(さんかばし)は、3つのアーチが美しく「日本百名橋」に選ばれている市内で最も美しい橋です。長さ93m、幅員6mの鉄骨コンクリート下路式タイドアーチ橋で、観音寺市内から有明浜や名勝琴弾公園に行く途中にあります。秋に行われる琴弾八幡宮大祭に9台のちょうさが三架橋を渡っていく様子は観音寺の風物詩であり、特に夜のライトアップの中渡る姿は圧巻です。

住所

〒768-0060 香川県観音寺市5

・高松自動車道大野原ICから車で約12分(6km)
・さぬき豊中ICから車で約15分(8km)

鉄道

JR観音寺駅からタクシーで約3分(2km)

のりあいバス

1日4便です。JR観音寺駅からのりあいバス五郷高室線に乗り、運転手に「三架橋」と告げてください。のりあいバスにはバス停がなく路線上ならどこでも乗り降り自由です。(ただし、国道11号線は指定場所以外、乗り降り禁止)

  • 三架橋の歴史

三架橋の歴史は古く、文政12年(1829年)にはこの橋が存在していたことがわかっています。江戸時代の頃は今の姿とは違い三連の太鼓橋で、当時は丸木の寄せ造りで橋を渡って琴弾八幡宮に「参賀」するということで「参賀橋」と呼ばれていました。明治18年には平面の木橋に改められ、1935年(昭和10年)に現在の橋に替えられています。また、「日本百名橋」にも選ばれており、朝、昼、夕方、夜となど三架橋は様々な顔を見せてくれます。

関連記事

  1. 平塚古墳|香川県内最大の円墳

  2. 宇賀幸|行楽の楽しい季節のおともに

  3. 今屋老舗|専門店ならではの吟味された茶葉

  4. イリコ庵|のんびりくつろぐ憩いの場

  5. 入江こうじ製造所|代々受け継がれてきた製法で皆を元気に

  6. 音戸|見て触れて楽しいアート