高尾千手観音堂|学問の神様を祀っている神社

高尾千手観音堂 (たかおせんじゅかんのんどう)は、大野原町にあり地元では「高尾のお観さん」と呼ばれ親しまれています。中には、木造千手観音菩薩坐像が安置されており、この千手観音像は平安末期の作といわれ、昭和58年大野原町有形文化財に指定されています。学問の神様である菅原道真公をお祀りしている神社なので、毎年多くの地元の受験生や就活生が合格を祈願しお参りしています。8月には「おかんさん七とこまいり」という町内7カ所のお観音さん参りがあり、当日は地域の人により朝早くから接待などが行われています。また、境内には芭蕉が詠んだ「尊とかる 涙や染めて 散る紅葉」という句碑が残されています。

住所

〒769-1614 香川県観音寺市大野原町萩原323-1

・高松自動車道大野原ICから車で約10分(5km)
・観音寺市内から車で約20分(10km)

鉄道

JR豊浜駅からタクシーで約8分(4.3km)

駐車場

あり

関連記事

  1. 自然への回帰|四季を通じた自然のエネルギーを表現

  2. かわら工房 小町庵|屋根瓦の粘土で自分だけのアートを楽もう

  3. 母神山古墳群|県内最大級の古墳が見れる

  4. 義経寄進の木の鳥居|鎌倉時代から800年の時を過ごす鳥居

  5. 雲辺寺|第66番札所で四国霊場中最高峰

  6. 音戸|見て触れて楽しいアート