ちょうさ会館|ちょうさまつりの模様が一年を通じて体感

観音寺市内には、100台以上もの「ちょうさ(太鼓台)」と呼ばれる山車があります。10月になると、市内各地でちょうさ祭りが催され勇壮な「ちょうさ」が街中を練り歩きます。ちょうさ会館は、300インチのスクリーンと迫力の音響、祭りの歴史、道具や飾りの細部まで「ちょうさ」の全てがわかり、一年中ちょうさ祭の熱気を体感できる施設です。

住所

〒769-1601 香川県観音寺市豊浜町姫浜982

開館時間

10:00〜17:00
※入場受付けは16:30まで

休館日

月曜日 (祝日の場合は翌日が休館) 、年末年始

入場料金

○一般料金
・大人:300円
・高校生:250円
・小中学生:150円
・幼児:無料(保護者の同伴が必要)
○団体割引
・大人:250円
・高校生:200円
・小中学生:100円
※団体(20名以上)の場合は、事前に要予約
※その他障害者割引、シニア割引あり。詳しくはホームページをご確認ください。

高松自動車道大野原ICから車で約3分(1km)

鉄道

・JR豊浜駅から徒歩約10分(1km)
・JR観音寺駅からタクシーで約15分(5km)

のりあいバス

1日6便(市内循環線)と、1日4便です。(粟井姫浜線、五郷高室線、箕浦観音寺線)JR観音寺駅からのりあいバスに乗り、運転手に「ちょうさ会館」または「須賀交差点付近」と告げてください。のりあいバスにはバス停がなく路線上ならどこでも乗り降り自由です。(ただし、国道11号線は指定場所以外、乗り降り禁止)

駐車場

あり

ホームページ

http://chohsa.jp/kaikan.htm

お問い合わせ

TEL:0875-52-5500
企画展示室では、時節ごとに企画展示を行っています。(こちらは入場無料)お問い合せください。

レンタサイクル

対象者

高校生以上、または16歳以上の方。サドルにまたがった時に左右の足が地面に着地する方。
※身分証明書が必要です。

レンタル利用時間

9:30~16:30

利用料金

○電動アシストなし自転車
1日:200円
※500円をお預かりして、自転車返却時に300円を返金
※ちょうさ会館では電動アシストつき自転車のレンタルはしていません。

  • 第一展示場
  • 第二展示場
  • 第三展示場

「ちょうさ」の歴史

かつて使われていた、実物の「ちょうさ」の部品資料や写真、イラストレ-ション、音声などで、江戸時代に始まる「ちょうさ祭」の歴史と、太鼓台のル-ツや分布を紹介しています。また、祭りに重要な役割を果たしてきた、貴重な実物の「席船」も展示しています。「ちょうさ」の歴史をひもとくために重要なコーナーです。

五感で楽しむ

映像と実物の「ちょうさ」を楽しめます。壁面いっぱいの300インチもある大きいスクリ-ンに映し出されるデジタル映像と、有名シアタ-に負けない重低音を誇るスピ-カーからの音声は、まさに魂を揺さぶる迫力。ここには町内の方々の制作による本物の「ちょうさ」も展示しています。太鼓を打ってその響きを味わったり、約2トンもある「ちょうさ」を担ぐときの重さも体験できます。

「ちょうさ」を知る

祭を取り巻く人々、「ちょうさ祭」ゆかりの神社、彫刻や刺繍、飾り金具の伝統技術などを多面的にご紹介しています。祭当日までのさまざまな準備や、複雑な「ちょうさ」の組立手順をわかりやすくパネルで紹介し、各自治会自慢の実物はっぴと提灯を美しくディスプレ-しています。「ちょうさ祭」に関する楽しいクイズコ-ナーも用意されています。

関連記事

  1. ゲストハウス COTON|瀬戸内海の夕陽を眺めながら贅沢な時間を

  2. アジサイ|雲辺寺山

  3. 琴弾八幡宮|山頂に佇む源氏ゆかりの地

  4. 生木地蔵尊|樹齢1200年の大きなクスノキ

  5. 御角弓|麹座という座によって受け継がれてきた神事

  6. イサム・ノグチ遊具彫刻 |世界的彫刻家の手がけた遊具で遊ぼう